【同棲歴3年目】メリット・デメリット 同棲を続けるコツとは?

この記事は約7分で読めます。

彼の転勤についていくのをきっかけに同棲開始。今は家を住み替えて3件目。

同棲してよかったと思います。同棲最高。

同棲している友人や私の彼との会話の中でみえてきた同棲のメリットやデメリット、同棲生活を楽しくすごしていくにはどうすればよいのか?を紹介します。

メリット

  • 帰る場所が一緒でデートの帰りも楽しい
  • 防犯面で安心
  • 節約になることもある
  • お互いの価値観を知れる
  • 虫退治が一緒にできる
  • 宅急便が受け取れる
  • 一緒にいる安心感がある
  • 将来のことを考えるきっかけになる
帰る場所が一緒でデートの帰りも楽しい

それぞれの家があると、遊びに出かけたとしても最後は別々に帰ることになります。同棲をすると、別々に帰るというさみしい思いをしなくて済みます。

防犯面で安心

デートが夜遅くになってしまったとき。家まで車で帰れるならまだ良いですが、電車で家まで帰るのは少し怖かったりします。送ってもらえるなら嬉しいし安心ですが、恋人がひとりで家に帰るまでが心配でした。一緒の家に帰るというのは、想像以上に安心できるものでした。防犯目的で私の友人は玄関先にあえて彼氏のパンツを干していました私はけっこうビビりなので、家の中に味方がいる安心感は計り知れません。

節約になることもある

同棲を始めると家賃や光熱費など金銭面では節約できるかと思います。ただし、毎日外食で贅沢三昧!という場合はあまり貯金面を期待しないほうがいいかもしれません。私は引っ越し続きで貯金ができていません(言い訳)。ちなみに私たちはお寿司が好きです。

お互いの価値観を知れる

同棲すると知らなかったことをたくさん知ることができます。結婚を考えている人は結婚前に価値観を知っておくと安心ですよね。私の場合は、彼は帰宅すると夜ご飯前にシャワーを浴びることですかね。私は大体仕事終わりに腹ペコなので、帰宅したら速攻で冷蔵庫に向かうんですが、今は彼の習慣に合わせてシャワーを浴びるようになりました。ごはんを食べた後って、眠くなってシャワー入るのがめんどくさくならないですか?食後の入浴は消化にも良くないのでシャワーを早めに浴びることができるようになってよかったと思います。お風呂関係だけでも、シャワー派かお風呂派か、一人でゆっくり入るのか一緒に入るのか、お風呂上がりのタオルの大きさやタオルを使いまわすのかなど……いろいろ考えられますね。同棲を考えている方なら、こういう話を先にしておくと面白いかもしれません。

虫退治が一緒にできる

虫退治が得意な方、お相手が虫退治をしてくれるたくましい存在であればこれは関係ありませんね。私たちは2人とも虫がめちゃくちゃ苦手です。パニック状態の時一緒にいてくれる存在はありがたいですよね。一緒に退治するという困難を乗り越えることで絆を深めることができます。たとえ、恋人が虫退治を押し付けてきてもどうか許してあげてください。いつもありがとう。

一緒にいる安心感がある

いつも一緒にいたい!という気持ちで同棲を始める方も多いのではないでしょうか。仕事で疲れて帰ってきたとき、愛しい人が「おかえり。頑張ったね。」と言ってハグをしてくれる。どうでしょう、最高でしょう。「頑張ったね!とねぎらってほしい」とお願いするのもよいと思います。注意点ですが家に帰ったらまず手洗い・うがいをしっかりしてから抱きしめてもらいましょう。今日の仕事を思い出してあーーーと唸ってみたりすることが多々あるのですが、だれかが一緒にいると頭の中から嫌なことを一瞬でも忘れられる瞬間があります。怖い夢を見たとき、体調を壊したとき、そばにいてくれる人を大切にしようと優しい気持ちになれると思います。何気ない日常を楽しめるのもメリットですね!

将来のことを考えるきっかけになる

今は事実婚や同性カップルなど様々な恋愛の形がありますが、私は、住み家を一緒にするというのは1つ上のステップに上がることになると考えています。その段階を踏むことで、これからの人生を共に歩む人としてどうか?と考えるきっかけになるはずです。もちろん、恋人を評価するためだけに同棲するわけではないと思います。ただ、同棲には引っ越しや住所変更などめんどくさいことが多々あり、お金もかかります。そのめんどくさいこと、同棲をすることに対する恋人の向き合い方を見ることができますね。今後も起こりうる困難に対し、2人で一緒に乗り越えていけるか?という点も大切だと思いますよ!

デメリット

  • 家事の負担がどちらかに偏ることもある
  • 自由な時間が減る
  • シャワーやトイレ、洗面所など1つのものを共有することになる
  • 生活リズムがバラバラだとすれ違いの生活になる
  • 結婚の区切りをつけられない
  • 価値観の不一致でケンカになることも
家事の負担がどちらかに偏ることもある

これは私がそうでした。「家事ができるほうがやる」というルールを決めると、仕事が忙しい彼は家事をする時間がなく、自然と私が家事をやる羽目になりました。彼も申し訳なさを多少感じていながらも、家にまで仕事を持ち帰っている姿を見ているとこちらもあまり強く言えませんでした。今は彼が転職し、家事分担は半々くらいになりました。私の友人は家事は私がやりたい、手を出してほしくないと話していましたし、家事は得意な方がやることにしてうまくいくならそれでもよいと思います。

自由な時間が減る

用事の帰り道ふらっと本屋によってゆっくりしてから帰る、誰にも縛られることなく一人の時間を楽しむ。仕事終わり、同期からの突然のごはんのお誘い。これらの時間は同棲すると少なくなることが多いと思います。家でも一人の時間が減ることになるので、ストレスに感じる人が多い印象があるのでデメリットの1つですね。

生活リズムがバラバラだとすれ違いの生活になる

上のデメリットとは逆に、夜勤がある仕事の人はいざ同棲しても夜勤明けで家に帰っても1人、出張と重なるといってらっしゃいが言えずにしばらく会えない、なんてこともあります。

結婚の区切りをつけられない

結婚を考えている場合、同棲をすると結婚の時期が遠のくという記事や意見を見ることは多いのではないでしょうか?同棲中、結婚のモチベーションをずっと高く保ち続けるのは難しいと思います。婚姻届1枚出したところで、2人の生活は変わらないじゃんと考えてしまいますね。特に、男女カップルの場合、現代社会においても家事は女性がすることが多いので男性にとっては家事をしてくれて一緒に過ごしてくれる人がいるだけで満足してしまう場合があるようです。かといって、結婚を焦らせたくもない……難しい問題だったりしますね。私は「結婚したいね!」とよく彼に言いますが、「そうだね!」と言ってくれるだけで満足しちゃってます(?)。

価値観の不一致でケンカになることも

所詮は他人。必ず価値観が違うことがあるはずです。そして、その価値観に対してお互い譲れないボーダーがあるはずです。挙げればきりがないほどたくさんあります。今まで作り上げてきた習慣を否定されたりすると、めちゃくちゃむかついたりしますよね。私はクチャラーを指摘したら、返り討ちにあってラーメン屋で静かに泣いたことがあります(迷惑)。私の言い方もよくなかったのですがね。今は気を付けてくれていて、クチャラーにうるさい私が全く気にならなくなりましたが!今となっては、伝えてよかったなと思います。

同棲を楽しく続けるコツ

  • 結婚までの期間や目標を決める
  • お金の分担を話し合っておく
  • 家事分担について相談する
  • 「ありがとう」をちゃんと伝える
  • 小さな不安・不満は小出しにして話し合う
  • 自分の機嫌の取り方を覚えておく
結婚までの期間や目標を決める

結婚を見据えているカップルは、結婚までの目安や目標を決めておくことをおすすめします。同棲期間を決めてもいいですし、貯金額を決めてもよいと思います。個人的には目標を決めるほうが2人の生活において日々モチベーションが上がる気がします。同棲期間を決めるのもよいと思いますが、せっかく同棲するなら何か2人で目標をもって生活するのも楽しいですよね!

お金の分担を話し合っておく

同棲に切っても切れないもの、それがお金問題です。稼ぎの額がカップルで違うと負担額の調整が必要になるかもしれません。私たちは、財布別で、同じ金額を毎月1つの口座に入れてそこから家賃や生活費をすべて支払っています。2人が納得する方法を模索していきましょう!

「ありがとう」をちゃんと伝える

やってもらって当たり前なんてことはありません。「ありがとう」は言われたほうも、言ったほうにもよい影響があるみたいですね。どんなに小さなことでも構いません、お互いにありがとうを伝え合える関係になれたら素敵ですね。

小さな不安・不満は小出しにして話し合う

一緒にいる時間が長いと、相手の良いところだけでなく、直してほしいところがみえてきます。また、小さな不満もたまりやすいです。思ったことをため込んで後で大爆発させると、相手は突然小さなことで怒っていると思ってしまいます。思ったことは早めに伝えましょう。大切なのは、「冷静さ」です。

自分の機嫌の取り方を覚えておく

あなたが怒ったり泣いたりしたとき、どうやって機嫌を直していますか?これは同棲生活だけに言えることではないですが、自分の感情のコントロールの仕方を覚えておくことは大切です。恋人と過ごしていて四六時中笑顔でいることができる人なんてなかなかいないと思います。マイナスの感情が自分の心の中を占領してしまったとき、自分の気持ちを軽くするためにできることを、ピックアップしておきましょう。私は、深呼吸をすると気持ちが落ち着きますが、何よりも恋人に抱きしめてもらうのが一番機嫌が早く直ります。どうですか?同棲したくなったでしょう。

同棲するときの参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました